カードローンを電話連絡なしで利用するには?

カードローンで電話連絡なしにする方法

カードローンを利用して融資を受ける場合、必ず行われるのが審査です。
審査では主に、年齢や性別、職業など一般的な個人情報から、居住年数、勤務年数、過去の借入状況などが対象になります。
実際のところ、年齢や性別、職業よりも、どれだけ長く働いているか、どれだけ安定した収入を得られているかが重要になります。
そこで行われるのが、在籍確認です。

 

在籍確認とは、申告された勤め先に本当に努めているのかどうかを調べることです。
実際に申告した会社に、オペレーターから電話がかかってきて、実際に働いているかどうかのチェックがあります。

 

しかし、この電話連絡をしてほしくないという方も多いのではないでしょうか?

 

電話連絡なしの融資の手続き方法

カードローンで電話連絡なしで利用する

在籍確認の電話連絡をなしにする方法としては、まず、申し込みの際に相談をしましょう。

 

もちろん、なぜ電話連絡をしないのか、事情を説明する必要はあります。

  • 以前、電話がかかってきたのに自分のところまで通してくれなかった
  • 取引先以外の電話は受け付けない

など、理由は様々で結構ですので、電話連絡をしないでほしい旨を伝えておきましょう

 

ただし、電話連絡なしにしたからといって、在籍確認がなくなるわけではありません。

電話連絡なしでカードローンを受ける必要はあるの?

カードローンは電話連絡なしでバレずに利用

いくら電話連絡なしにしても、在籍確認は絶対に必要です。
どこで働いているのか確認するということは、返済能力があるかどうか確認しているのと同じ意味です。

 

カードローン会社も善意でお金を貸すのではなく、商売としてお金を貸しています。
お金を返す見込みのない、つまり、仕事をしていない人にお金を貸すことはできないのです。

 

といっても、在籍確認をする方法は、電話連絡だけとは限りません

 

書類で行う在籍確認

直近2か月の給与明細や社員証、健康保険証(社保)など、その会社に勤務していなければもらえない書類を複数提出することで、在籍確認の代わりとなる場合があります。
提出しなければならない書類の種類は、カードローン会社によって様々ですので、お申し込みの際やその後オペレーターからの本人確認の際などに相談してみましょう。

 

カードローンは電話連絡なしにする必要がある?

 

 

在籍確認でカードローンはバレない?

具体的な在籍確認の電話連絡の内容は、オペレーターが個人名で問い合わせをします。
カードローン会社名などは出しませんので、実際に電話がかかってきたとしても、そこまで怪しまれるということはあまりありません。

 

しかし、会社環境によっては、いつもと違うので疑われてしまうこともあります。
自分に電話がかかってくるなどあまりないなど、電話連絡があると不都合だという環境の場合には、電話連絡なしの方法をお願いしてみましょう。